``

独自の設計ツール(WaveX

WaveX™は、RFフィルター設計のための「独自の数学的手法」、「ソフトウェア設計ツール」、「ネットワーク合成技術」のパッケージであり、レゾナントチームは、業界で一般的とされる手動の設計プロセスよりも、はるかに多くの設計ソリューションセットを検討、提示することを可能にします。WaveXは完全な3Dモデルを作成し、クラウドからも随時アクセス可能です。

WaveXで開発されたフィルターは、表面弾性波(SAW)または温度補償型表面弾性波(TC-SAW)の製造方法を使用しており、バルク音響波(BAW)などのよりコストの高い製造方法を使用したものと同等の性能を発揮します。BAWへのWaveXの利用を検討する中で、レゾナント社はXBAR®と呼ばれる全く新しいBAW共振構造を開発しました。XBAR技術は、より高い周波数でより高い帯域幅を必要とする新興の5Gモバイル機器に最適であり、XBAR®フィルターは既存の製造プロセスを用いて製造することができ、迅速な生産が可能です。

業界の多くがCOM(Coupling-of-Modes)を用いてSAWフィルターを設計しているのに対し、WaveXは回路モデルと物理モデルを用いています。回路モデルは計算速度が速く、物理モデルは基本的な材料特性と寸法に基づいて高精度に設計されます。レゾナント社の手法は予測性に優れ、少ない工数で期待通りの製品性能を実現することが可能です。

シングルバンド設計

シングルバンドのフィルター設計には、これまでTC-SAWやBAWを使用してきたデュプレクサ用のものもあれば、性能、サイズ、コストの改善が必要なディスクリートSAWフィルター用のものもあります。シングルバンドの設計には、Wi-Fiの干渉を防ぎながら目的の無線周波数を通過させる「Wi-Fi共存型」フィルターや、ウエハレベル(WL)パッケージングとモジュール基板のモデリングが必要なモジュールアプリケーション用の設計が含まれます。WaveXプラットフォームと、レゾナント社の経験及びノウハウを組み合わせることで、これらのバンドの多くの性能要件を満たす革新的なSAWフィルターを、BAWフィルターやTC-SAWフィルターに比べて大幅に低コストかつ短期間で設計することが可能です。

マルチプレクサ設計

世界中の通信事業者に対し、データの高速化に対する需要が高まっています。キャリアアグリゲーション(CA)は、異なる周波数の複数のデータストリームを加算することで、モバイル機器のユーザーに高いデータレートを提供します。しかし、CAは必要なフィルター特性をさらに複雑化します。クワッドプレクサー(4つのRFパスを多重化)は、受信パスと送信パスの両方でCAを可能にし、スイッチを排除することでRFフロントエンドの複雑さを軽減します。しかし、フィルター機能の複雑さは劇的に増加します。レゾナント社のWaveX設計プラットフォームは、広い周波数範囲をカバーし、より厳しい性能要件を持つ、このような難しいフィルター設計の問題を解決するのに理想的です。

5Gフィルター設計

WaveX設計ソフトウェア・プラットフォームにより、レゾナント社は、単なる置き換えではなく、アーキテクチャの変更を可能にし、デバイス・メーカーにフィルタの性能、サイズ、コストを段階的に向上させることができる新しいフィルタを設計することができます。 XBAR®は、WaveXを用いて開発されたレゾナント社の高性能共振器技術で、5G New Radio (NR)デバイス、Wi-Fiシステム、ミリ波システム用のフィルターです。XBAR®の詳細はこちらをご覧ください

レゾナント社は、ファウンドリ(半導体デバイス生産工場)が理解できる設計を提供:

レゾナント社のモデルは基本的なものであり、基本的な材料特性や寸法といった「ファウンドリー・ランゲージ」を使用し、ファウンドリー・パートナーとの統合を容易にします。さらに「レゾナント・ファウンドリ・プログラム」により、多くのファウンドリ、バックエンド、パッケージングのパートナーを事前に認定し、製造時間の短縮を図っています。

従来のCOMフィルターの設計では、ファウンドリーに納品された後ファウンドリーはフィルターの製造方法を考える必要がありますが、レゾナント社は、基本的な材料特性、密度、寸法など、フィルター設計を製造するための完全なレシピを一括提供します。