``

レゾナント社について

レゾナント社(NASDAQ: RESN)は、WaveX™ソフトウェアツール・プラットフォームを使用して設計された5Gフィルターを顧客やパートナーが提供可能にすることで、RFフロントエンド(RFFE)市場を変革し、既存のRFFEサプライチェーンに破壊的革新力をあたえてきました。WaveX™によりレゾナント社の顧客は、同社の強固なIP(知的財産)ポートフォリオと広範なサービスを利用でき、レゾナント社は限られた設計者、ツール、キャパシティによって決定的な制約を受ける同市場において、設計効率の向上、市場投入までの時間の短縮、単価の削減を顧客に提供することでこれらの問題を解決します。お客様はレゾナント社の破壊的革新力を活用し、最先端のフソフトウェアツール・プラットフォームに加えレゾナント・ファウンドリ・プログラムのファブレス・エコシステムを通じた、多様なサプライチェーンの安定性をも享受することができます。お客様はレゾナント社と協力することで、現在のモバイル機器の接続性を向上させると同時に、新たな5Gアプリケーションのニーズに対応することが可能なのです。

RFフロントエンド業界は、以下の理由により、成長と複雑性が劇的に増加しています。

    バンドの増加

    キャリアアグリゲーション(CA)

    複数入力、複数出力(MIMO)アンテナ設計

このような複雑さの増加は、5Gへの移行によってさらに加速されるでしょう。

レゾナント社はWaveX™ソフトウェアツール・プラットフォームを用い、困難なバンド、モジュール、その他複雑なRFFE要件に対応したRFフィルター設計を行うことができます。この設計は優れた予測可能性のもと、従来のアプローチと比較して、より少ない工程でより望ましい製品性能を提供します。WaveX™は独自の数学的手法、ソフトウェア設計ツール、ネットワーク合成技術からなるパッケージで、レゾナント社のチームは同社の独自技術を定期的に組み込むことで、より多くの設計ソリューションの可能性を検討することができます。設計シミュレーションは、デバイスを製造する顧客、または当社のファウンドリ・パートナーがデバイスを製造する顧客に迅速に提供されます。これらの改良型RFフィルターは、表面弾性波(SAW)または温度補償型表面弾性波(TC-SAW)の製造方法を使用しており、バルク音響波(BAW)などのよりコストの高い製造方法を使用したものと同等の性能を発揮します。BAWへのWaveX™の使用を検討するにあたり、レゾナント社はXBAR®と呼ばれる全く新しいBAW共振構造を開発しました。XBAR®技術は、より高い周波数でより広い帯域を必要とする新しい5Gモバイル機器に最適であり、XBARフィルターは既存の製造プロセスを使用しつつ更に迅速に製造することが可能となります。
レゾナント社のモデルは基本的なものであり、基本的な材料特性や寸法などの「ファウンドリ・言語」を使用しているためファウンドリ・パートナーとの統合が容易にできるのです。